The secret of love

秘密の婚外恋愛

~もう少し素直に…~

何であの時、

会いたい、

と送ってしまったんだろう…


何で待てないんだろう…



見たことも、会ったこともないのに、

どうして奥さんの存在に、

こんなにも不安になるの?



そういう人を選んだのは自分なのに。








昨夜、

blogをアップしたあと、

私は慶太くんにLINEを送った。




何をしてたかなんてわかんない。

今日だって何してるのかわかんない。

わかんなくていいんだよね。

知ってしまったら…

今の私は間違いなく嫉妬してしまう。


それが怖くて、

何してたの?って聞けない。



そんな私の性格をわかってなのか、

慶太くんは、自分が何していたのか…

具体的に伝えることをしない。

LINEで奥さんの話をしない。


それが慶太くんなりの優しさなんだと思う。



でも今の私は、

奥さんと一緒にいるだろう慶太くんを想像して、

無性に苦しくなっている。





闇を抱えたままの私は、

ゴメンをいっぱい羅列したLINEを送った。



【私から会いたいって言わないように決めてたのに、会いたいだなんてメール入れてゴメンね。】





私は慶太くんにうまく気持ちを伝えられなくなってきている…。

寂しいすら…言えない。


こんな闇を抱えてる私…重い。

わかっているのに嫌われたくない。




LINEを送ったあと、声を押し殺して、とにかく泣いた。


奥さんの夢を見ちゃったこと…

たったそれだけなのに、

こんなにも苦しくなるんだ、ってこと。

伝えたいけど…伝えられない。



軽い気持ちで踏み込んでしまった恋愛をするには、

私は精神的に幼過ぎた。

出会わなければ良かった、とさえ思ってしまった。



このままじゃ、会えば会うほど、欲張りに…

ワガママになってしまう…。



これでもし、

どこかで慶太くんの家族なんかとバッタリ遭遇…ってことがあったら…

間違いなく、

私の気持ちは空中分解する。



色々な思いを抱えて、

涙を流しながら眠りについた。




深夜、

私は必ず目が覚める。



何時か確認するのに携帯を見ると、

慶太くんからLINEが入っていた。



たった数行の内容でも、

私の気持ちを汲み取っている。



やっぱりこの人は凄い。

私より年下なのに全然大人で、余裕があるんだ。




この人から離れたくないと思った。

大事にしたい。

私が慶太くんに、

幸せを感じさせてあげたい…。



我慢しなくてもいいのかも…

もう少し素直になればいいんだ。


またいつもの様に。





朝、

【ありがとう♡大好きだよ♡】ってLINEした。

これが私の気持ち。

これを伝えるのが今の私の精一杯。


奥さんに対する不安が無くなったわけじゃない。


でも、私が好きになった人だもん。

大丈夫だよね。



早く慶太くんに会いたいです。




🌸Sakura🌸